萩再発見 information

曲がって曲がって、また曲がる。

行き止まり?それとも曲がり角? 先の様子が分からない、城下町特有の道の造りが「鍵曲(かいまがり)」。
直角、直角と曲がる鍵の手状の道にすることで見通しを悪くし、敵の侵入を防ぐためのもので、別名「追廻し筋」とも言われます。ここ堀内地区は、かつて萩城三の丸だった場所。藩の役所や上級武士のお屋敷が建ち並んでいたところで、今でも当時の面影を色濃く残しています。
鍵曲には土塀と夏みかんの風景や重臣の口羽家住宅などもあり、三の丸散策の際には押さえておきたい場所。ぜひ、追い廻し筋の妙を体感してみてください。

堀内鍵曲り